INJECTION MOLDING

射出成形

射出成形とは、加熱溶融させたプラスチック材料を金型内に射出注入し、
冷却・ 固化させることによって、成形品を得る方法です。

インサート成形

金型内にインサート部品を装填したのち、
樹脂を注入してインサート品を溶融樹脂で包んで固化させ、
一体化した複合部品をつくる工法です。
タクセルでは家電製品や医療機器向けに、金属ナットを
インサートしたケース類、金属軸をインサートしたファンなどを
納入しています。

フィルムインサート成形

射出成形金型にフィルムをインサートすることで、
成形と同時に加飾を行う工法です。
光沢、艶消し、パターン、柄などの表面加飾が
自由に行えることが大きな特徴です。
タクセルでは自動車のオーディオやナビゲーションの
加飾パネルとして納入しています。

ヒート&クール成形

プラスチックが世の中に登場したばかりの頃は、外観品質への要求はそれほど高くありませんでしたが、
自動車、家電・情報機器等に用途が拡大するにつれ、外観品質への要求が強まってきました。
そこで開発されてきた技術がヒート&クール成形になります。
ヒート&クール成形は、プラスチック製品に発生するウェルドラインを解消するために開発された技術であり、
プラスチックの外観品質を飛躍的に高めます。プラスチック製品に高級感・高質感を付与する重要な技術であり、
加飾技術の一つとして認識されるようになりました。